二之湯武史のメッセージ

━ 滋賀から日本再生 ━

光陰矢のごとし。皆様の温かいご支援で国政に送り出していただき、2年目を迎えようとしています。
あの真夏の闘いのなかで、若さと行動力に期待し、これからの国政と滋賀の再生に夢を託していただいた皆様の熱き想いに応えるべく、全身全霊で取り組んでいきます。

第188回 通常国会会期中 参議院の文教科学委員会の理事・予算委員・拉致問題特別委員として、朝8時からの自民党の各部会 委員会 議員連盟の勉強会と目の回るような強行スケジュールで日々奮闘の毎日です。

今国会中に、貴重な経験もさせて頂きました。独立行政法人 日本スポーツ振興センター法の一部改正であります。「学校及び保育所の管理下において生じた児童生徒の災害」に対する災害共済給付を小規模・家庭・事業者内保育事業」についても対象にすべき改正案でありました。当法案の所轄委員会である参議院の文教科学委員会の理事として、党内調整などにおよそ50人の衆参の国会議員の先生方にご理解を頂くため奔走し年度内に、無事議員立法で可決成立したことは、感慨無量であります。

これからも内外共に山積する諸課題の解決がんばります。

二之湯武史