スポーツビジネスと地域振興 シンポジウムのご案内
 我が国は2008年をピークに人口減少局面に入っており、これまで人口増加県であった本県でもいよいよ人口減少局面に突入してきました。
 こうしたことから、滋賀県や県内市・町では人口減少を食い止め、滋賀の未来を築くため、「地方人口ビジョン」、「地方版総合戦略」を策定され、地方創生の実現に向けた事業推進に取り組んでおられます。
 地域振興、地方創生、成長戦略の切り札として観光がありますが、観光は経済的活動であるばかりではなく、本来、地域内外の良いもの、優れたものを観て知識や見聞を広め、人間性を高めるという文化的・社会的な活動です。郷土芸能、祭り、スポーツイベントは地域の貴重な観光資源であり、特に、ラグビーワールドカップ2019、2020年東京オリンピック・パラリンピック、2021年の関西ワールドワールドマスターズゲームそして2024年の滋賀国体は、滋賀県にとってスポーツイベントを通じた地域振興への取り組み強化の契機となることが期待されます。
 そんな中、昨年10月に文部科学省内に「スポーツ庁」が設置され、各省が所管していたスポーツ行政機能が一元化されました。
滋賀県商工会議所連合会は、今、スポーツ庁等で議論されている「スポーツの産業化」とは何なのか、どのような方向に向かっているのか等、スポーツビジネスについての理解を深め、
全国に先駆けて滋賀県がスポーツビジネスを活かした地域振興、観光振興に取り組むべく、スポーツ行政に精通されている、遠藤利明五輪担当相をお招きしシンポジウムを開催いたします。
つきましては、ご多用の折とは存じますが、万障お繰り合わせの上ご出席いただきますようご案内申し上げます。

1.日 時   平成28年6月6日(月)
  第1部   13:30~14:05 遠藤利明 五輪相による基調講演
        「今後のスポーツ政策の方向性について~ビジネスの観点から」
  第2部   14:15~15:30 パネルディスカッション
        「スポーツビジネスを地域振興にいかに活かすのか」
2.場 所   びわこ大津プリンスホテル コンベンションホール淡海
3.パネリスト 遠藤利明五輪相、二之湯参議院議員、由良英雄スポーツ庁参事官、三沢英生(株)ドーム執行役員社長室長
4.主 催   滋賀県商工会議所連合会