二之湯武史

にのゆたけし

価値創造国家 日本

参議院議員 二之湯武史

Takeshi NINOYU

メッセージ

Message

戦後73年が経ち、我が国の姿も大きく変化しました。 奇跡の高度経済成長を可能にした「人口増加」「内需拡大」は既に終わり 「人口減少社会」に入っています。
また世界においても、グローバル化の進展、地球規模での気候変動、新興国の台頭、 科学技術の飛躍的進歩、など人類のあり方も変化を迫られています。

私は、今の我が国を冷静に分析したとき、かつての成功体験があまりにも強烈すぎて、 その延長線上でしかモノを発想できなくなっているのではないか、と思います。 変化する必要性は理解しているが、これまでのやり方を捨ててまで変われない、という姿を多くの組織や地域で見ることが出来ます。一人一人が勇気を持って変わらなければならないのです。

私の使命はただ一つ。変化の必要性に共感してもらいながら、我が国を「自立した尊厳ある個人」が活躍する、時代に相応しい価値創造国家にすることです。

時代にふさわしい変革によって日本・滋賀を新しいステージへ!そんな挑戦に挑んで参ります。

Vision

価値創造国家

日本・滋賀を新しいステージに進めたい。 私の志を、60秒の動画にまとめました。 是非、ご覧いただければ幸いです。

もっと詳しく

プロフィール

profile

Overview

略歴

・昭和52年1月21日生まれ
・京都市出身、大津市在住
・私立洛南高等学校、京都大学経済学部卒業
・松下政経塾第21期生

Shiga

滋賀

・自民党滋賀県参議院選挙区第一支部 支部長
・自民党滋賀県支部連合会 常任顧問
・教育力向上議員連盟 会長
・滋賀フードツーリズム推進協議会 会長
・滋賀県サッカー協会 特任理事
・Jクラブ設立匿名委員会 座長
・比良比叡トレイル協議会 顧問
・日本料理アカデミー 顧問

Parliament & Liberal Democratic Party

国会・自民党

・予算委員会 理事
・憲法審査会 幹事
・参議院自民党 副幹事長
・参院幹事長 参与
・国民を豊かにする資本主義研究会 事務局長
・アベノミクスを成功させる会 事務局長
・教育再生実行本部 事務局次長
・農産物輸出委員会 委員長代理
・日本産酒類振興 PT 事務局長
・スポーツ立国調査会 事務局長
・スポーツビジネス小委員会 委員長
・クールジャパン人材育成 PT 座長
・文化立国調査会 事務局長代理
・日本食文化普及推進議員連盟 事務局長
・文化GDP拡大 PT 事務局長

Others

その他

・趣味はお灸、鮒寿司を食すること、神社・仏閣巡り、温泉巡り、琵琶湖で湖上スポーツを楽しむこと
・妻と3人の子どもの5人家族

5つの政策

Policy

持続可能

都市を中心に成長していく日本経済。この経済成長をさらに加速させていくことは決して欠かせません。一方で地方の経済社会にもまた、価値が循環する仕組みを作ることが大事です。これにより、都市の人たちだけが成長するのではなく、都市も地方も共生できる社会を目指します。

もっと詳しく

クリエイティブ

一昔前の「人口増加」「内需拡大」が起こっていた日本にとっては画一・管理的な社会はとても効率的でした。しかし人口減少社会である今の日本では、旧来モデルが通用しづらく、 さらなる成長にも繋がりません。そんな社会では、世の中に停滞が生まれがちです。多様で調和した中で、新しいものが生まれていく。そんなクリエイティブな社会というものが、 今の日本には特に求められると考えています。

もっと詳しく

包摂社会

誰もが取り残されない包摂社会というのは、効率性を追求することで画一型、管理型にした社会が変わるべき先の未来です。みんな一人ずつが持っている個性や能力を、それぞれ の個性や能力に応じてこの社会に還元していく、そんな未来です。

もっと詳しく

共感社会

一人ひとりの個性を十分に活かすことで、社会のクリエイティビティや包摂性を高めることができます。しかしそれらを実現するためには、命令中心の管理型社会ではなく、フラットな関係性を持てる社会であることが求められます。特にスポーツの世界で、必要以上に「管理」が行われている現場に、個性を活かすための取り組みに力を入れています。

もっと詳しく

最適化社会

今日、AIやIoTなど、私たちの暮らしをより「最適化」してくれる技術は日々進歩し、少しずつ私たちの社会の中に取り込まれています。しかし、暮らしや技術だけでなく、私たち一人ひとりも、それぞれの思いが仕事をはじめとする様々な場所で繋がり、マッチングされる。それがあるべき「最適化社会」の姿だと考えます。

もっと詳しく

ニュース

News

二之湯武史の最新情報はこちら

お問い合わせ

Contact

【国会事務所】
〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1
参議院議員会館923号室
TEL 03-6550-0923
FAX 03-6551-0923

【滋賀事務所】
〒520-0051
滋賀県大津市梅林1-3-25
森田ビル6F
TEL 077-527-4010
FAX 077-527-4030